高校物理・数学成績アップ術

微風出版「導出物理」の著者による物理・数学の学習戦略ブログ

何故若い人はすぐに仕事をやめてしまうのか

 最近の若い人はちょっと叱られただけですぐにやめてしまうと、ぼやく人も多いことはご存知かと思います。それは何故なのかということをここでご説明しておきます。
 実は私もどちらかというとすぐに仕事をやめてきたタイプです。そして同様の人と話す中で共通点が見えてきたのは、幼少期のトラウマや複雑な家庭環境があるということです。イジメ、いやがらせ、リンチ、カツアゲ、裏切り、親や教師の豹変や理不尽な対応、上司のパワハラなど、私は一通り経験しましたが、同様の人も何らかの割ときついトラウマを持っていました。完全に自信を無くしてしまうような経験や、完全に人間不信に陥ってしまうような経験です。
 このような経験をすると、自己防衛反応が起こるのか、人の感情に対して異常に敏感になります。ほんのわずかな行動の違い、声のトーンの違いを敏感に感じ、そこに苛立ちや怒りの感情があると激しいストレスを感じます。

 社会がより複雑に変化し、育つ環境も複雑になると、いじめや目上の理不尽な対応がより陰湿になり、他人が想像もしないようなトラウマを抱えます。ですから上司が部下を指導するときも、教師が生徒を指導するときも、感情を乱すことなく常に冷静で、丁寧でなければいけません。

 上司や教師は部下や生徒に対し、キレそうになる時ほどユーモアで返すべきである、というのは私の持論ですが、例えばイエスキリストの説法は聞き手が笑い転げるようなことが多かったそうです。何故そうかといえば、ユーモアがなければ多くの人は聞く耳を持たないからです。このように器が大きい人ほど、ユーモアを交えて教えを説き、逆に器の小さい人ほど感情を乱し、細かいことをネチネチといびるものです。

 上司や教師の対応として最もまずいのが突然豹変することです。豹変する恐怖を常に抱くことで判断力が鈍り、それがミスにつながるという悪循環に陥るからです。ですから今では烈火のごとく叱るような指導はタブーとされ、まったく効果がないということが常識となりつつあります。人を教育するとは許し続けるということであり、どこまでも冷静に対応することがよしとされます。私も塾の指導ではそのようにしていますし、まったく叱ることなく、忍耐強く丁寧に接することで、ほとんどの子は成績を上げています。

 

効率重視の勉強は本当に正しいのか

高校時代を振り返り、国立大学や難関私大に合格している人の特徴を思い出してみた。それは次のようなものである。

①観念やこだわりがあまりなく、何でも割と受け入れ、好みの激しさもなく、人間関係も割と良好。要するに性格や性質は至って普通であるということ。(東大などの超難関に受かるような人は例外)

②もともと頭がいい。覚えることも読むことも計算も速い。

 

ちなみに私自身はこのどちらにも当てはまらない人間でした。小学校時代は中の下で、とにかく文章を読むスピードが遅く、国語のテストでは全く時間内に終わらないというありさま。中学では塾のおかげで数学と英語だけはましでしたが、国語は相変わらず苦手でした。要するに頭はもともとよくはなかったということです。

 高校受験までは努力で何とかなったと思います。しかし高校に入ってからは①②が強く影響をして何とかならなくなってきました。もうワンランク下の高校に入ってもよかったと思うこともありました。とにかく劣等感と屈辱感を感じる毎日でした。

 何でこんなに頭が悪く性格がひねくれた性格に生まれてきたのか…

 しかし、今思うとその理由がだんだんわかってきました。

 教師としての資質は、①も②もあってはならないと。

 性格が素直で我があまりない人というのは、世渡り上手ではあるものの、体系的に情報を積み上げていくというこだわりがないので、世間に何かを発信していく意欲も素質も備わらないのです。

 例えば外国人に日本語を教える教師になると仮定しましょう。

 外国人が質問をします。

「この場合は、〇〇…でこの場合は〇〇...になる。何が違うんですか」

「怖い」と「恐ろしい」って何が違うのですか?

日本人なら普通は疑問に思わないようなことを外国人は尋ねてきます。しかし要領が悪く、日本語に対し常に疑問を持っていたような人は、割とそのような外国人の気持ちが理解できるので、答えられる可能性が高くなります。

 

 ですから要領が悪く、こだわりの強い受験生に言いたいわけです。要領の悪い勉強をして、多少ランクの低い大学に行ったとしても、別にいいじゃないかと。逆に有名大学出身なんていうレッテルを張られると、天狗になるのでかえって自分のためにはなりません。年を重ねればだんだんわかりますが、学閥とか派閥みたいなものは本当に幼稚でバカみたいなものだと感じるようになります。過去の栄光を引きづって生きることが尊敬に値するかどうか、考えてみれば誰でもわかることです。

 

 大学受験での合格はそれがゴールではなく、スタートなわけですから、大学の知名度にこだわるのでなく、とことん熱中できる物を見つけてほしいです。研究や仕事に熱中し、気が付いたら食事もしないで夜になっていた…なんていう生活ほど幸せなことはないのですから。

 

 要領は悪い人と言われるような人は、一般に波乱な人生を送りやすいですが、その分悟りは多く、社会に発信したり、人を教育していく能力が備わります。経営者や政治家、開発のリーダーとなっていくような人は、一切の名声を捨て、少なくともそのような生き方を選ぶものです。

 

学生が貧困スパイラルに巻き込まれないためには(4)

私の塾の生徒の話です。中学3年生の女の子で、高校をどうするかという問題で親ともめていました。親は交通費がかからない自宅から通える高校に行ってほしいという希望で、私も本人の成績や頑張りようから考えて、同意見でした。しかし本人は「田舎はつまらない」という理由だけで、遠くの都会の高校を希望していました。

 15歳にしては精神的に幼いと思いましたが、私は丁寧に次のことを説明しました。

・学びたいことも将来の目標もないのに、そんな志望動機で親が納得するはずがない。

・都会に行きたければ学校が休みの日に遊びに行ったらよい。

・今はネット社会なので都会でも田舎でも情報の格差などない。

これは意外と他人ごとではないと思います。田舎の若い人が都会にあこがれる気持ちはわかります。私もそうでした。しかし今は都会に住む魅力はあまりないと思っています。田舎に住む良さもそれなりにわかるようになり、生活にも不満はないからです。

 大学を選ぶ時も、あこがれだけで遠くの都心部の大学ばかりに目が行ってはいないでしょうか?もしそうだとするなら、それが貧困の始まりです。そうではなくもっと現実的なことを考える必要があります。親の経済力、通学時間、通学費用、学費、即戦力となる技術や技能が身につくのかなど…それらを総合的に判断しなければいけません。進学するということは自分だけの問題ではないということを忘れてはいけません。

●進路に関する相談はこちら

学生が貧困スパイラルに巻き込まれないためには(3)

 さて現在の貧困状態にある人の姿を見てどう思うかです。好きな仕事だけを自由気ままにできれば、貧困であってもよいと思う人もいるでしょう。しかしそういう人は少数派と思われます。(YouTubeなどで検索すれば貧困に陥っている人がどういう生活をしているのかがよくわかります)

 一般に貧困に陥る人は中学、高校時代において、自分の将来、進路に関して無頓着、無計画だったと言えます。親の経済力がなくて専門学校にも通えなかったとしても、貧困に陥らずに済む方法は、実はいくらでもあるのですが、その怠りによって情報が不足し、貧困に陥るのです。

 例えば私が不思議に思うことは、中学生で、将来大学に行くつもりが全くないのに普通科の高校に進学することです。なぜ工業高校とか、農業高校とか、看護や調理が学べるような専門性のある高校に行かないのか。また、都会ばかりに目を向けている学生も不思議で仕方ありません。地方には問題となっている派遣会社は少なく、正社員になれる確率は高いのですが、何故かみんな都会に住みたがります。

 安定した収入もないのに、親元から遠く離れて都会に住み、早く子供を作って慌てふためいている無計画さも不思議です。収入が少なくても子供が欲しいと考えるなら、地元に就職して、親と協力して子育てをすべきかと思いますが、そういう知恵が回らないのでしょうか。

 このように貧困は国の社会制度に責任を擦り付けがちですが、実はその根本は本人の無計画さや親の躾や学校の教育に問題があると言えます。

 

●進路に関する相談はこちら

学生が貧困スパイラルに巻き込まれないためには(2)

 まずは若者が失敗する原理について知る必要があります。人間の進化の過程において、危険を冒さないような気質(遺伝子)を持つ民族は滅び、危険を冒す気質を持つ民族だけが生き残ったと言われています。その理由はなんとなくわかるのではないでしょうか。危険を冒さず原始的な生活で満足していては、社会とか文明とか文化の発展はないのは当然です。戦争や侵略をする無謀さもあったからこそ、その悲惨さを身をもって学ぶことができたのです。

 その危険を冒す気質が強く出る時期が10代~20代の若いころだそうです。自動車の保険料も年齢が上がるごとに安くなりますが、それは統計的に見ても若い人のほうが事故を起こすリスクが高いからです。私もそうでしたが、高校生の頃は頑張れば多少困難なことでもなんとかなると思っていました。そのおかげで数々の後悔をしてきましたが、学びや悟りも多く、満足できている部分があります。逆にリスクを冒さず安全な進路をとっていたとしたら、物質的には満足できても、学ぶことが少なく、不満感が残ったと思います。

 そうすると精神の満足をとるか、物質の満足をとるか、という話になります。私の経験で言えることは、どちらも大事であり、精神が主、物質が従となる偏りが少ないバランスが重要なのだろうと思います。これは大本教のかつての教祖である出口王仁三郎という人が残した「霊主体従」という考え方と同じです。この世の富とか名声はあの世にまで持っていけるものではありません。だったらそれほど裕福ではなくても、この世で悟り多い人生を送ったほうが、あの世に帰ってから勝ち組になる、ということです。

 ところが物質があまりにも満たされないと、苦しすぎて悟りどころではなくなります。つまり貧困が過であってもよくないのです。つまりそのバランスが重要であり、多少のリスクを冒し、多少の物質を犠牲にするという生き方が賢明なのだろうと思います。

●進路に関する相談はこちら

学生が貧困スパイラルに巻き込まれないためには(1)

日本の派遣会社の数は海外に比べてダントツに多いそうです。通訳やプログラマーなどの専門技術者を扱わないような派遣会社は、極端な話、奴隷をいいように使って儲けるような商売ですから、やっていることはヤクザとそんなに変わらないのじゃないかと思います。一方企業側が派遣社員を多く使う理由は、当たり前ですがそのほうが儲かるからです。忙しいときだけ雇え、忙しくないときは切り捨てることができるので、どう考えても正社員を多く雇うより儲かります。一方派遣社員として働く側のメリットとしては、手っ取り早く仕事にありつけることと、責任が重くなく気軽さがあることです。デメリットとしては、収入が不安定で社会保障面で不利であることが多いという点です。場合によっては今月1週間しか仕事がないと言われれば、1週間分の給料しか出ないという世界ですから、生活水準が上がる見込みは少ないと言えます。

 日本人は海外から見たらとにかく面倒くさがりだそうです。そしてまじめすぎる気質から、競争が激化し、薄利多売となります。そうするとますます利益が落ちるため、人件費を抑えようと、派遣社員やアルバイトを多く使うようになります。この負のスパイラルによって日本での貧困が加速しているのです。

 この部分が外国人にはわからない日本の大きな闇でしょう。派遣の気軽さをあえて選ぶ世捨て人のような人も多いですが、そんな社会に未来はあるのか本当に疑問です。これは政治も絡んでくる問題であり、簡単ではないですが、少なくとも学生の皆さんがこの負のスパイラルに巻き込まれないためにどうすればいいかを考えていきたいと思います。

●進路に関する相談はこちら

反転授業には致命的な欠点がある

アメリカの高校で広がりつつある反転授業。これは自宅のネット環境で動画授業を受け、学校に行って自習や宿題をし、先生の個別指導を受けるというもの。この広がりは日本のように個別指導を受けることが結果に反映するということに気が付き始めた結果でしょう。しかし大きな欠点があります。それは、自宅では監視する人がいないので、やるかやらないかは生徒次第となってしまうことです。欧米では個性や個人的な価値観が重んじられ、留年については寛容であるため、問題はないのでしょうが、日本のような護送船団方式が染みついた文化ではおそらく合わないでしょう。私の塾の生徒にもネットの授業を紹介して勉強するようにいうこともあるのですが、下位60%くらいまずやりません。

 一方日本の場合は護送船団方式によって置いてきぼりをくらった生徒のために、個別指導塾と自習型塾が発展しました。自習型とは公文式のような塾を指します。高校生向けでは武田塾さんがこれにあたるでしょう。どちらも監視して勉強させたり、テストで常にチェックされるため、効果が出るのです。しかし欠点もあります。講義に多く時間が割けないという点です。そして、何より致命的なことは、親の経済力がなければそもそも塾に通えないという点です。

 この欠点を埋めるのが、学校教育のはずなのですが、特に公立の学校ではスタイル自体が昭和からほとんど変わっていません。裏を返せば文部科学省の上層部はほとんど●●ということです。国家公務員を目指す学生に文科省は人気がないと言いますが、おそらく人事の争いとか派閥みたいなものがあって、若い人が活躍できないからでしょう。

 昨今の報道を見てもそれは明らかでしょう。学校設立を認可するかどうかとか、政治家の口利きがあったかどうかとか、先進国で問題になることでしょうか。

 ある文科省OB?がこのような発言をしていました。

「いや今回の問題は内閣府の圧力が強くあったためであり、文科省が責められるのはちょっと納得できない」

 これは内閣府は人事権を持っているため、どの省庁も強く出られないということを暗示しているのでしょう。自分たちが調査をして、その結果が正しいと判断すれば、内閣府の意向など門前払いにすればいいだけの話です。出世競争に負けると天下り先に飛ばされるという慣例があるので、やりたい政策を主張することができない仕組みになっていることがよくわかります。

 日本の国家公務員とは、YESマンで、事なかれ主義で、和を乱さない、意見を強く主張しない、不祥事を上手く逃げ切れる人が出世します。これを解決するには、そういうことを解決する政治家を探して選ぶしかなさそうです。 

 

●進路や学習計画に関する相談もやっています。詳しくはこちら

  

高校物理教材  導出物理の詳細はこちら

書店各位 学参仕入れ担当者様へ

学参仕入れ担当者様へ


微風(そよかぜ)出版の児保(こやす)と申します。
至急当教材「導出物理シリーズ」を仕入れていただきたくご連絡しました。
夏休みの受験勉強に欠かせないものですので、必ず目をお通しください。

当シリーズは2017年4月に改訂版が発行されております。
ラインナップは以下からご確認ください。
http://www.soyo-kaze.biz/main.cgi?mode=m_kyouzai&sid=1


まずは導出物理がどれほどの威力があるのかをご理解ください。
次の受験ペディアでおすすめ教材に紹介されました。
http://jukenpedia.com/method/physics/


また、導出物理を使っていた受験生のブログも参照ください。
https://ameblo.jp/krounin1/entry-12260472328.html


これだけ受験に威力を発揮する教材にも関わらず、大変知名度が低いため
今年4月に委託販売した書店様からの返品も少なくなく、こちらとしても
死活問題となっています。


有名な受験掲示板サイトでは「なぜ導出物理が話題にならない?」という
書込みも見かけ、このことからも、書店にほとんど置かれていないため、
受験生の多くが「導出物理シリーズ」を知らないことがわかります。


ですから内容とその威力を理解いただいた上、POPなどによって目立つように
「導出物理シリーズ」を置いたいただきたいです。


特に「導出物理基礎」は偏差値40から難関高校の受験生まで対応できますので、
ほとんどの書店様に置いていただいて問題ないかと思います。
※導出物理(上下巻)は偏差値50以上の高校生に推奨しております。


導出物理基礎だけでも仕入れていただければ、この教材に上下巻の案内を
入れていいるので、その後上下巻の注文も入る可能性があります。よって棚に
余裕がなければ「導出物理基礎」だけでも仕入れていただきたいです。


「導出物理シリーズ」は他の競合教材と比べ、次の大きな特徴があります。

それは「高校数学の微分積分を用いて公式を導出している」という点です。
この特徴がある競合教材は2冊ほどありますが、いずれも理解するのが
難しく、多くの受験生には対応できていません。


物理を学習する多くの受験生は「この公式はどこから来たのか?」「なぜ
この公式が成り立つのか?」という疑問を持つのですが、それに正確にわかりやすく
答えている教材は「導出物理シリーズ」しかないと自負しております。

是非よろしくお願いいたします。


ご注文は日販やトーハンなどの取次業者か㈱星雲社までお願いいたします。
星雲社 TEL:03-3868-3275 FAX:03-3868-6588

また、返品実績のある書店様はその理由をお聞かせいただけませんでしょうか。
ご連絡は以下からお願いいたします。
http://www.soyo-kaze.biz/main.cgi?mode=m_inq&sid=1

こんな人は医者を目指すな

医者以外にも、歯科医、看護師、獣医師などの、医療関係を目指す人に申し上げます。以下の内容に当てはまるか考えてみてください。

 

1.生物、生命に神秘を感じない

2.ケアレスミスが多く集中力がない

3.徹夜するだけの体力がない

.記憶力が悪い、または、大量のことを記憶することが苦手

5.倫理観がない、または、道徳心に欠ける

 

1つでも当てはまるようでしたら、私は不適格と考えます。適性がない人が医者や歯医者になると社会にとって有害です。安定や地位を求めて医者を目指す人もいるでしょうが、本当によく考えていただきたいです。

 

まず、1ですが、生命に興味を持てない人が続けられるわけがありません。カエルの解剖程度で気持ち悪いとビビっている人はまず無理です。私の生徒で看護学部に行った女の子は、とにかく死体解剖が楽しみで仕方ないという子でした。このように生命に神秘を感じるような人でなければ、その後挫折することになるでしょう。とりあえず勉強ができるから、なんとなく医学部を目指している、なんていう人も本当に自分に適性があるのか、よく考えてほしいです。

 

次に2です。試験でケアレスミスが多く、それを直そうとすることが面倒であると思うような人は100%向いていません。とにかく確認することが面倒で、たぶん大丈夫だろうとすぐに自分を過信してしまうような人です。ある歯医者が、麻酔の濃度を間違えて注射したために、患者を死亡させたという事故がありましたが、これは「すみません」で済む話ではありません。

 ケアレスミスをするのは集中力がないことも原因です。集中力が最も必要となるのは外科手術ですが、これはちょっと間違えただけで人を死なせてしまうようなシビアな世界ですから、集中力がなく試験でケアレスミスを連発するような人は、まず外科医にはなれません。

 

次に3ですが、医者や看護師は夜勤が必ずあり、深夜に突然呼び出されることも多々あります。休みも不規則になります。ですから、それなりの体力と忍耐力がないとできません。医者は人を救うことに喜びを感じられるからこそ、自分の時間を犠牲にしてでも続けられるのです。ですから定期的に休みが欲しいとか、定期的に旅行をしたいとか言う生ぬるい人は、医者になった後、仕事の辛さで心を折られることになるでしょう。

 

次に4ですが、当たり前ですが、医学は覚えることが大量にあります。ですから高校の生物程度で、覚えることが多くて苦手だ、などと弱音を吐いているような人はまず向いていません。医学部では高校生物程度の分量なら半年でこなしていくようになるそうです。

 

次に5ですが、法令を遵守(じゅんしゅ)することができなかったり、生命の尊厳に対する普遍的な常識がない人は医者として不適格です。この前千葉大医学生数人がレイプ事件を起こして退学になりましたが、このように自制心も社会常識もないような人は論外であり、生命倫理について議論できないような人も、ルールを守れないような人も向いていません。 

 その医学生のように、勉強ができても精神年齢が低いのは、ある程度の理不尽、屈辱、挫折の経験が少ないからです。親の躾(しつけ)が生ぬるかったり、小学から高校まで私立で、平穏な生活が続くとこうなったりします。人から嫌な思いをさせられる経験があるからこそ、人の痛みが想像できるようになり、自制心が生まれます。ですから、裕福で快適な家庭環境で育った人ほど、医者としての適性があるかどうかを厳しく見極める必要があります。

 

  医者は患者と向き合うことから始まり、患者の意志をくみ取る能力が必要であり、学力とともに人間力が必要です。ですから人とのかかわりを避けてきたような人は向いていないですし、精神年齢が低く社会常識がない人もダメです。何より自己犠牲をいとわず、人を助けることに喜びを感じられ、どもまでも自分の判断に疑いを持てるような謙虚さがある人が、医者としての適性があります。

 

 私の地元のある病院で、大学病院から出向していた先生がいたのですが、その先生はとにかく評判が悪かったです。大学病院に勤めるくらいなので、優秀は優秀なのでしょうが、患者の話をあまり聴かず、自分の診断が絶対的に正しいと思い込んでいるような人だと聞きました。私の知り合いは、鼻の異常でその先生の診断を受け、原因は太りすぎだと言って、ろくに治療してくれなかったといいます。しかし別の小さな病院で診てもらうと、全く別の診断となり、しっかり治療もしてくれて、症状も改善したといいます。

 学力があっても人間力が欠けていると、いかに社会の害となるか、これからもよくわかると思います。

  

●進路や学習計画に関する相談もやっています。詳しくはこちら

  

高校物理教材  導出物理の詳細はこちら

プログラミング技術の必要性

 学校教育ではコンピュータープログラミングの授業が始まりつつありますが、これからはAI(人工知能)が欠かせない時代になってくるので当たり前だと思います。少子高齢化の中、少人数でたくさんの高齢者を支えるためには、徹底的な合理化をはかる必要があり、今騒がれている働き方改革以上にAIの存在が重要になってきます。

 例えばタクシーやバス、電車や定期船は人工知能が運転し始めるでしょう。政治家が行う法案の作成や予算配分も人工知能が行い始めています。巡回警備や荷物の運送も人工知能を搭載したロボットやドローンが活躍することでしょう。薬の開発や病気の発見も人工知能が行うようになるでしょう。従業員のアンケートを人工知能が分析して、不安を抱えて退職しそうな社員を発見することもできるといいます。株の売買も人工知能が行っていますし、マーケティングにおいても活躍しています。

 このようにプログラミング技術者はますます必要となります。農学や生物学の世界では関係ないと思いきや、遺伝子を解析するソフトウェアというものもあるそうで、プログラミング技術はあったほうが有利になります。そしてそれは理系に限ったことではありません。

 私は合同会社を設立していまして、個人事業とは異なり、会計処理が大変複雑になります。ですから普通は税理士と契約して税務署提出書類の作成などを依頼するのですが、私は税理士に頼んだことはありません。なぜなら、その書類作成までもやってくれるソフトを使っているからです。普通の会計ソフトは税務署提出書類の作成まではできないのですが、小規模企業に限って、それができてしまうソフトが存在します。税理士法人などから営業の電話がかかってくることもあるのですが、「うちは税理士を雇っていない」というと非常に驚かれます。

 このソフトの販売元のことはよくわかりませんが、どうも代表の方がプログラムを外注せずに作成しているようです。(価格が大変安いので外注しているとは考えにくい)つまり、税理士並みの知識がありながら、アプリケーションを作成する能力がある大変まれな才能を持った方なのでしょう。このように専門知識がありながらソフトウェア開発技術があると、企業できるほどになるのです。

 クリック証券という会社も社長自らが開発したネット売買ソフトによって、他社よりも安い売買手数料を実現し、一気に大手ネット証券会社に成長しました。これも、証券取引の専門知識とソフト開発技術で勝ち得た成功例と言えます。

 

 さて文系でも経済学部ではプログラミングを教えるところは多いようですが、もちろん理系ほど本格的にはやらないでしょうし、初歩的なことしか習わない場合もあるでしょう。どの程度教えるかは大学に問い合わせるしかありません。いずれにしても、経済学部に限らず、商学部経営学部にもプログラム教育は広がっていくのだろうと思います。

 

●進路や学習計画に関する相談もやっています。詳しくはこちら

  

高校物理教材  導出物理の詳細はこちら