高校物理・数学成績アップ術

微風出版「導出物理」の著者による物理・数学の学習戦略ブログ

宇宙が膨張するって、どゆこと?

生徒「先生、宇宙が膨張するってどゆことですか?」

私「さぁねぇ~~わかりましぇぇ~ん」

生徒「うっ・・・(とても塾の先生の発言とは思えない)」

私「それで宇宙が膨張していることを知って何か役に立つの?」

生徒「それはちょっと・・・わかりましぇぇ~ん

私「ウェーーイ!」

そして私と生徒は何故かハイタッチをするのでした。おしまい。

 

 

 

 

 

これで記事が終わったら、読んだ人は「ざけんな」と思うでしょう。場合によっては「なめた記事書いてんじゃねぇぞ、このガキは」と思うでしょう。しかしですねぇ~こっちも真面目な事ばかり書いているとやってられないんですよ。

ただ・・・これで記事を終える勇気はないので少し書きます。

 

例えば夜空の全ての星は地球から遠ざかっていて、星どうしも互いに遠ざかっていたとすればどういうことが考えられるでしょうか?空間自体が広がり続けていると考えられますね。それが宇宙が膨張しているということです。

では、何故そんなことが分かったのか。もちろん根拠があります。

高校物理ではドップラー効果というものを習います。救急車のサイレンは自分に近づいているときは高い音に聞こえ、遠ざかるときは低く聞こえます。これがドップラー効果。音は波ですが、波源が動いていたり、観測者が動いていたりすると、このドップラー効果による現象が観測されます。

 光も波の性質があります。(粒子の性質もありますけど)そして、地球上でいろいろな星からの光を調べると、光のドップラー効果が観測されたのです。これが宇宙が膨張しているという根拠であり、20世紀最大の発見の一つとされます。具体的なことは導出物理に書いたので読んでください。

 それで宇宙が膨張しているということは、宇宙の体積は初めゼロだったと考えられます。そのゼロから私たちの知っている宇宙空間が始まったことがビッグバンと呼ばれています。現在ではビッグバンが何年前に起こり、現在の宇宙の体積が何立方メートルなのかが計算されています。ホントすごいことですよね。

 じゃあ、宇宙が始まる前はどんな世界だったの?とか宇宙の外側ってどうなっているの?なんて思う人も多いです。それは一言で言えば、私達が知っている空間とは異なる世界、としか言いようがありません。物理学者は、宇宙の外側には別の宇宙がいくつもある、とか、宇宙が始まる前は、波動?(みたいなもの)がうごめいていた、とかいろいろ研究しているようですけど、とりあえずそれがどうかなんて、私達が悩むことではないですよね。学者さんに任せておけばいいことです。個人的には「4次元の世界」(霊界)または、「5次元の世界」(神界)じゃないかと思いますけど。(ほとんど宗教概念(笑))

 それよりもまずは高校物理を勉強して、目の前の入試を突破することを考えましょう。

 

 

 余談ですが、深見東州(霊能者で神霊家)という人が書いた「人類が生まれた秘密を明かす」という本だったかどうか忘れましたが、その人の本によると、宇宙が生まれたのはス神(根源の神)の「かくあれかし」の一念(こうあってほしいという思い)によって生まれた、とのこと。他にも、より次元が下がっていく世界ができることで、苦しいけど魂が大きく成長できる機会ができた、みたいなことをいっていたと思います。

 古くから優秀な学者ほど、キリスト教などの信者が多かったそうですが、それは人類はどう考えても偶然生まれたとは考えられない、と思っていたからだそう。(もちろんこのことは現代の学者さんでも思っている人もいます)例えば現代でさえ、新しい植物や動物をゼロから生み出すなんてことは人間にはできないですよね?できたとしても既存の生物の遺伝子を組み替える程度です。だから、人知を超えた神なる世界があると信じることは当然のことだろうと思います。

 物理学は自然や宇宙の規則性や法則だけを扱う学問であり、人知によるものです。だからそれを超えたものを考えようとすると思考の迷路に入っていきます。学問は人知によるものだと割り切り、それを超えたものは宗教に任せる。そういう立場の方が合理的であると私は考えます。

 

 

高校物理教材  導出物理の詳細はこちら

 

本気で進路の悩みを聴きます!進路相談.biz