読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校物理・数学成績アップ術

微風出版「導出物理」の著者による物理・数学の学習戦略ブログ

出版の非情な現実

私が特に良いと思っていた数学の問題集に正高社という会社の「タイプ分けによる数学シリーズ」というのがあります。高校時代は塾で数学を習い、数学だけは成績がよく上がったのですが、この問題集を見たとき、塾でよく解いていたような問題ばかり出ていたの…

組版での苦労

組版作成はインデザインやクオークみたいな高価なソフトは使っていません。DTPソフトとしてMicrosoftのPublisherというソフトの体験版を使ったとき、確かに出版物を作るにはいろいろ便利でしたが、Wordファイルからレイアウトを維持して変換することができず…

製本技術は時代に追いつかず…

導出物理初版ではほぼ利益なしでしたので、改訂版では製本会社に見積もりを出しまくってできるだけコストを抑える努力をしました。(製本会社には相当嫌がられたと思います)そして以前の記事にも書きましたが、解答を別冊にすると原価がほぼ倍になり、やむ…

導出物理 解答ダウンロードできるようにしました

導出物理改訂版は解答の取り外しができません。これにより不便が生じる場合は、微風出版「教材案内」ページより解答をダウンロードして、スマホ、タブレットなどに保存してお使いください。 なお、本体の電子書籍化も考えておりましたが、まだ不正コピー対策…

英語力がつかない原因

高校時代を振り返ると、塾がよかったこともあり、学校の授業で苦労することはありませんでした。その理由は何故かと考えてみると、計算や基礎問題の反復を大量にやったことに尽きると思います。また、中学でも割と真面目に塾で勉強していましたので、これも1…

MSWord数式エディタ用の美しいフォント

MSWord(ワード2007以降)の数式エディターで使われるフォント(CambriaMath)ってちょっとカッコ悪いですよね?実はこれ以外にフォントを変更できるって知っていましたか? 挿入タブから数式を選ぶと、ツールと書かれた部分の右側の小さな四角ボタンをクリック…

暴力を振るう部活顧問は指導力ゼロ

部活に限らず、スポーツの世界で未だに暴力行為が取り沙汰されます。全く時代遅れの人がいるものです。 ある高校のサッカー部では、顧問がほとんど指導することなく全国大会で優勝したります。その顧問がやったことは、少しの指示を与えるだけで、練習メニュ…

導出物理改訂版 目下作成中

導出物理改訂版のお問い合わせをいろいろいただいておりますが、現在作成中です。まずB5→A5へとコンパクトサイズに変更しております。余白などは少なくなりますが、直接書き込む人は少ないようですので問題ないと思います。(直接書き込むと、復習がしにくく…

核融合発電ができれば戦争は激減する

物理の教材を作っていて日々思うことがあります。水素を利用した核融合発電ができるようになれば戦争はほとんどなくなると。これは国立の研究所や大学で盛んに研究されています。民間企業では浜松ホトニクスなんかが盛んに研究しています。水素は水という形…

最弱日本の英語教育 このままだと日本は終わる

受験生時代はセンター試験や大学入試の英語が全くできなくて,激しい屈辱感を感じたものです。今考えると、試験問題自体が、頭のいい奴、頭の回転のいい奴でないと太刀打ちできない形式になっていたと気づきます。重箱の隅をつつくような文法問題と大量の長…

中学向け英語教材を猛烈に作成中です

中学で習う英語って機械的でつまらない気がします。 ネイティブが会話でよく使う表現も教えなかったりしますし。 I'm buying a new computer./新しいパソコンすぐ買うよ I'm off to bed./これから寝ます Where are you heading for?/お宅さんどこに行くつ…

順位付き成績表は学習のモチベーションになり得る

先日各中学校に当方作成のエクセル汎用成績管理シート(成績管理ソフト)の案内をいたしましたが、反応はいまいちです。DMにはうんざりしているのか、見ないで捨てるケースも多いようです。 成績表は子供たちの学習意欲に関わることですから大変重要な案内な…

素人教員と素人役所職員のおかげで日本経済は世界に負ける

小中学校・高校の教員は教育については素人ではないが、社会人としては素人です。その証拠にほとんどの学校教員は大学を出た後、民間での社会経験を積むことなく、教員として採用されています。果たして民間での社会経験がほぼない人の教育を受けて、いい社…

物理教員のための導出物理の使い方

導出物理の原稿を作成している当時は、ネットで見る動画授業を作成するつもりでいました。しかしすでに大手が数多くネット授業は手掛けていましたので、販売には難しい状況にありました。そこで考えました。高校の先生が私の教材で授業をしてもらうのが最も…

エクセルのマクロで成績管理ソフトを作りました

学校の先生や予備校、塾向けの画期的な成績管理ソフトを作りました。多くのソフトはエクセルからデータを取り込むという面倒な作業が出てくるのですが、そもそもエクセル自体にプログラム(マクロ)を組み込んでしまえばそんな必要はなくなります。作ったソ…

理系科目の教師がとるべき方針

教師に必要な力とは1.演技力,2.計画力,3教材力と申し上げました。理系科目の教師に特に必要なのは計画力と教材力です。 先日あるニュースを見ました。某自治体の中学での数学の授業では、講義を少なくして、問題プリント多く与え、生徒同士で教え合うよう…

生徒・部下を叱りたくなるときほどユーモアで返せ

教師とは裏切られ続けるものです。苦労をして様々な授業の準備をしても生徒はなかなか努力をしようとしませんから。いったい自分の苦労は何だったんだと思うことがほとんどでしょう。そんなことが続くとつい生徒を叱りたくもなります。 しかしそこで生徒を責…

運動方程式は何故成り立つのか

少し定性的に考えてみましょう。ばねばかりにおもりをつるします。そのばねばかりを地上10mの位置と地上1mの位置で計ったとき、ばねばかりの値は変わるでしょうか?厳密にいえば変わりますけど、ほぼ変わらないと見なすことができますよね?つまり、おもりに…

高校数学で導出できない物理の公式(3)

万有引力や静電気力がはたらくベクトル場において、力学的エネルギー保存則を正確に導出することも不可能です。何故ならば、万有引力や静電気力が、「保存力」であるとことを明確に証明することができないからです。それには大学で習う数学の知識が必要です…

導出物理の評価は?

先日ですが、導出物理を採用いただいている塾長先生からご意見をいただきました。その先生は有名国立大学出身のたいへん優秀な先生ですが、高校生当時は物理に様々な疑問点を感じ、苦しんだそう。しかし、導出物理はその解決になるとして、喜んでいただきま…

何故物体にはたらく力が見つけられないのか

「物体にはたらく力」という言葉の理解をしっかりしていない人がいます。これは物体が「外から受ける力」と同等だということを理解しましょう。 さて、物体にはたらく力が見つけられない原因は、多くの場合「接触力」と「非接触力」に分解して考えないからで…

運動方程式が何故みんな苦手なのか

教科書の多くは運動方程式は次のように書かれています。 ma=F これは非常にわかりにくいと思います。ですので「導出物理」では必ず次のように記述しています。 ma=F1+F2+F3+・・・Fn …① これは質量mの物体がF1~Fnの力を受けているとき、物体にaだけの加速度…

高校教師の指導力とは(3)

最後に3.教材力です。物理,数学に関しては、よく塾の生徒から学校の先生の作った授業プリントや定期試験問題を見せてもらいます。学校の授業での質問を塾で受けることが多いからです。これによって先生の授業の質がよくわかります。 まず、生徒のレベルに…

高校教師の指導力とは(2)

次に2.計画力ですが、これは企画力といってもいいでしょう。どのように授業を進めていくか、どのタイミングで小テストをするか、どのような実験をするか、どのような教材を使うか…などということになります。 これにはまず生徒たちのニーズや能力に敏感でな…

高校教師の指導力とは(1)

私の考える学習の指導力とは次の3要素です。 1.演技力 2.計画力 3.教材力 最も重要なのが1.演技力です。これは文系科目の教師ほど重要です。人気予備校講師はすべてこれが備わっています。みんなとにかく大げさでエネルギッシュです。落語や演劇の…

こんな勘違い教師もいた

かつて私が高校生だったころ、こんな化学の教師がいました。実験とそのレポートを何度も課す教師でしたが、その実験というのは教科書とは関係のないものです。具体的なことは覚えていませんが、未知の物質について様々な実験をして、それを自分なりに考察さ…

よい物理の参考書とは

ネット上で物理の参考書を紹介するようなサイトも見かけますが、相変わらず予備校の先生(または高校の先生)が書くような講義調の分かりやすいものを推しています。しかし、我々民間教育の現場で教えている立場からすると、残念ながらそれで物理の成績は上…

文系寄りの数学カリキュラムが理系離れを生んでいる

物理の最初に習うのが速度や加速度です。これは高1または高2の最初に習うようになっています。一方で高校数学では、速度や加速度の概念は高3の中盤くらいで習うようになっています。本当にバカなカリキュラムです。 これは微積が絡んでくるのでそうせざる…

電磁気の単位体系が複雑すぎて、教科書では手におえない

高校生だったころはまるでちんぷんかんぷんだった高校物理を大人になってから勉強しなおして、やっぱりちんぷんかんという分野が電磁気の単位体系です。ですから納得できるレベルに達するまでに死ぬほど苦労しました。その苦労の過程は「導出物理」にすべて…

複素数(虚数)ってそもそも何の役に立つのか

高校数学においては、ある関数を別の関数で割ったときの剰余を解析するときに虚数が役に立つことが希にありますが、それ以外は思いつきません。大学で習う数学では微分方程式というものを解くための式の中に虚数が使われたり、原子のような小さいものを扱う…

導出物理は学校教材にも最適

学校の授業で何が無駄かといえば、教師が板書をする時間と、生徒がそれを書き写す時間です。ノートをテイネイにとれば成績は上がるでしょうか?そうとは限りません。私の塾ではノートなんかほとんどとらなくても成績が上がっていますので。 成績が上がるのど…

導出物理は独学に最適

解説(導出)と例題と基本問題演習を同時に含む物理教材こそが最も成績が上がる優れた参考書であることは指導経験でわかっていましたが、そのような教材はほぼ皆無です。有名な「物理のエッセンス」はそれにあたる数少ない教材になりますが、残念ながら解説…

保存則はどこから来たの?

高校物理で習う保存則には力学的エネルギー保存則、運動量保存則がありますが、それらが何故便利かといえば、式に運動時間が含まれていないので、運動の前後の状態を把握するのが容易なのです。 しかしそもそもこれらはどうやって導かれたのでしょうか?実は…

運動エネルギーの導出はちょっと難しい

1次元の運動(直線運動)で等加速度運動ということに限定すると、運動エネルギーの導出はそれほど難しいものではありません。したがってそれについての導出は「導出物理基礎」で掲載しました。 しかし2次元や3次元の運動についても成り立つことを導出するに…

教科書のインピーダンスの記述はほぼ誤り

交流回路の抵抗に相当する物理量にインピーダンスがあります。これは実際はベクトル量であり、複素数で定義されているものですが、多くの教科書ではスカラー量として説明しています。ですので高校の教科書で出てくるインピーダンスの式は「インピーダンスの…

高校教師がつくるバカプリントの例

かつての私も公立高校の生徒でした。そのときの世界史の教師は特に最悪でした。非常に緻密なプリントを使っての授業でしたが、そのプリントには多くのブランクがあり、講義の内容聞いて、生徒はそのブランクを自主的に埋めていきます。 ところがどのブランク…

これが私の考える最上級のバカ高校教師

生徒の学校の定期テストの成績については必ず聞くようにしていますが、平均点が30~40点というのは本当によくあることです。一体教師は何をどう教えているのか、本当に疑問です。 高校教師がつくった定期テスト問題もよく見ますが、これで教師の質がよく見え…

「導出物理」の学校採用について

「導出物理」は板書はほぼ不要で、授業時間の7割以上を演習に費やすことができます。そこまで考えに考えて設計していますので、採用いただかないと、数十時間どころか、数百時間の時間のロスになり、激しく後悔することになります。 「導出物理」の場合は上…

高校数学で導出できない物理の公式(2)

高校で習う電流が作る磁場の公式は主に次のようなものがあります。 ・直線電流の周りの磁場 ・薄いコイルの中心の磁場 ・ソレノイドの中心付近の磁場 ただ残念ながら高校の範囲では導出ができません。実はこれらの公式はもととなる公式があり、その公式を用…

高校数学で導出できない物理の公式(1)

あのニュートンが発見した万有引力の公式は、高校数学の範囲内ではその公式が正しいことを導出することはちょっと難しいです。ですので、高校物理の段階ではそのまま覚えるしかありません。 しかし、公式が正しいことはちゃんと導出することができるのです。…

非等速円運動の加速度の大きさは?

高校物理の教科書を見て驚いたことは、「非等速円運動」の練習問題で、なんの説明もなく「等速円運動」の加速度の公式を用いていることでした。よく考えて問題に励んでいる人なら、「これはおかしい、何故だ?」と思うでしょう。 結論から言うと、非等速円運…

等速円運動の加速度の向きは何故中心向きか?

等速円運動の加速度の向きは円の中心向きになることが知られています。しかし何故そうなるのかを正確に説明している参考書はありませんでした。どの参考書もなんとなく煙に巻くように説明しています。これって読み手はバカにされた感覚にならないでしょうか…

微積物理という変な言葉

2chやアマゾンのレビューなどによく「微積物理」などというおかしな言葉が使われています。これは微積を使って解説する物理の参考書を指すようです。そういう意味では「導出物理」は「微積物理」なのでしょう。私自身は解説に微積を使っても使わなくても、理…

導出の理解は後でもよい

「導出物理」は導出をテーマにして、高校数学で導出できることはできるだけ正確に導出を試みました。その理由は、根拠なく公式を覚えることに抵抗感を感じる生徒も多いからです。しかし、それをしっかり理解するのが困難な人は、とりあえず導出の理解ができ…

ベクトル量とスカラー量

今の高校物理ではベクトル量とスカラー量の違いをあいまいにしたまま運動や力学を習います。これはいまだに驚くことですが、生徒が学校で力学の初歩を習っているとき、学校の数学で「ベクトル」を全く習っていないのです。これは高校数学のカリキュラムの致…

質問できる環境は一応必要

「導出物理」はできるだけ質問がないように、つまり自力で解決できるように説明に気を使ってはいますが、人は誰でも観念がありますので、そのために理解できないことがあります。その場合は質問に答えてくれる先生や友達が必要です。もちろんいない場合はYah…

導出物理のレベル

「導出物理」は完璧なものに近づける努力はしておりますが、万人にとっては完璧ではありません。「導出物理基礎」についてはどのようなレベルの高校生にも通用するようにできているとは思いますが、「導出物理 上巻/下巻」については偏差値55以上の高校に通…

予備校の講義で本当に物理の成績は上がるか?

初歩の問題も自力で解けないのに、それを予備校に通って解決しようとするのははっきり言って不可能です。予備校の先生は問題を詳しく解説してくれるだけで、一人一人にどの問題をどこまで練習しなさい、というアドバイスはくれないし、問題でつまずいたとき…

何故物理の成績が上がらなかったのか(3)

次に教師の教え方の問題です。まず学校や予備校では解説に時間をとられ、演習をほとんどやってはくれません。これは非常に大きな問題です。前にも述べたように、物理は問題を解いて初めて理解できることがほとんどですので、演習が少ないとどうやっても理解…

何故物理の成績が上がらなかったのか(2)

次に教科書の問題です。これは今でもひどい状況です。大人になってからはそれなりに理解力がついていますので教科書を読めば大体わかったのですが、それでも腑に落ちないことは多々ありました。電磁気学の定義については苦しみましたし、等速円運動の加速度…