読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校物理・数学成績アップ術

微風出版「導出物理」の著者による物理・数学の学習戦略ブログ

最弱日本の英語教育 このままだと日本は終わる

英語教育

 受験生時代はセンター試験や大学入試の英語が全くできなくて,激しい屈辱感を感じたものです。今考えると、試験問題自体が、頭のいい奴、頭の回転のいい奴でないと太刀打ちできない形式になっていたと気づきます。重箱の隅をつつくような文法問題と大量の長文読解問題で埋め尽くされ、高速に問題を解く能力が最も重視されるような形式になっていたからです。つまり私のように頭の回転が遅く、要領が悪い人間は努力が報われないという形式なのです。(現在もその状況はあまり変わっていません。)これはリスニング能力、スピーキング能力はほぼ0でもOKですよ、ということを国や大学が認めているともいえます。

 この試験のあり方が、多くの学生の英語学習意欲を削ぐ大きな原因です。ではとりあえずどうすればいいかというと、試験はリスニング問題を最低5割にすべてというのが私の主張です。日本人が英語が話せないのは、圧倒的に耳で聞く入力が不足しているからです。だから試験問題でそれが必要であることを示さなければいけないのです。とりあえず文科省にメールでそうすべきだと伝えたのですが、何の反応もしません。本当に勉強頭のバカ集団です。

 ところで、後進国では幼児から英語教育を施している国があるのに対し、先進国の日本ではようやく小学校高学年から英語の授業を開始するというお粗末な状況です。私自身は脳科学的に考えても、3歳児くらいから英語に振れさせないと遅いと思っているほどです。しかしテレビによく出ている有名予備校講師は次のようなことをいっていました。

「日本語もろくに理解できないのに、小さいうちから英語が理解できるわけがない。だから英語は中学から学べば十分である」

 本当にアホな考えです。怒りすら覚えます。完全にお勉強頭の考え方です。言語は体系的に理解すべきものなのでしょうか?私の考えではこうです。

「中学生から英語を聴くのは遅すぎる。それでは他言語に触れない期間が長く、頭の柔軟性がなくなってしまっている。つまり英語を自然に聴きとるということを受け付けにくい状態になっているので、それでは本人の努力でしか英語はできるようにならない」

 幼児から先生が英語しか話さないような教育施設に通っていた人に聞くと、「英語を習った」という感覚がないそうです。それでいて日本語の能力がなくなっているかといえば、そうでもないのです。親や友達と日本語でのやり取りもしているので、問題ないのです。

 かつてのフィンランドでは経済的な行き詰まりから、英語教育の方針を大転換して、見事に復活したという事実があります。しかし、日本はこのままいくとその逆をたどることになるでしょう。つまり、英語教育の方針をそのままにしたおかげで、素晴らしい日本産業を売り込むチャンスをことごとく逃し、見事に経済が衰退していくのです。

 

中学向け英語教材を猛烈に作成中です

英語教育

中学で習う英語って機械的でつまらない気がします。

ネイティブが会話でよく使う表現も教えなかったりしますし。

I'm buying a new computer./新しいパソコンすぐ買うよ

I'm off to bed./これから寝ます

Where are you heading for?/お宅さんどこに行くつもりなの?

 日常では非常によく使う表現だそうですけど、中学では教えてくれません。高校でもほとんど教えてくれません。だから、ネイティブがよく使いそうな表現も含めた、中学英語教材を今猛烈に作成しています。塾や私立中学、中高一貫校などで使ってほしい教材です。英検対策や1から英語をやり直したい大人の方にもいいと思います。教科書の内容、定期テストの内容を超えていますので、偏差値50以上の上位レベルの生徒対象です。受験対策というよりも、英語の学習意欲を高め、自立を促すという新しい観点で作成しています。そういう意味では日本初となるでしょう。現在完了や前置詞、方位副詞の詳しい解説も行い、内容は盛りだくさんです。どうぞご期待ください。

 

順位付き成績表は学習のモチベーションになり得る

成績管理ソフト

 先日各中学校に当方作成のエクセル汎用成績管理シート(成績管理ソフト)の案内をいたしましたが、反応はいまいちです。DMにはうんざりしているのか、見ないで捨てるケースも多いようです。 成績表は子供たちの学習意欲に関わることですから大変重要な案内なわけですが、全く興味を示さない、調べようともしないというのは、教育者としては失格でしょう。本当に情けない話です。

  勉強においてもやみくもに競争をあおることはよくないと思いますが、自分が全体の中でどの位置にいるのかわからないというのは大変問題です。ですので当ソフトは、点数を入力するだけで、全体順位、クラス順位、点数、順位の推移などを自動で出力するように設計し、価格も相当安く提供しているわけです。教師にとっても手間が大幅に省け、生徒にとっても価値ある情報が得られるわけですから、サンプルを確認していない先生は直ちにダウンロードして確認してください。

 

成績管理ソフト Excelマクロ使用で簡単・高機能・格安!

 

 最後に一つ申し上げておきます。民間の社会に出れば、常に激しい状況にさらされます。(公務員はこれが実感できていないから困りものです)競争させないように配慮すすれば、子供がナマぬるい大人になり、教育としてはむしろ逆効果になることを知ってください。

 

素人教員と素人役所職員のおかげで日本経済は世界に負ける

教育問題

 小中学校・高校の教員は教育については素人ではないが、社会人としては素人です。その証拠にほとんどの学校教員は大学を出た後、民間での社会経験を積むことなく、教員として採用されています。果たして民間での社会経験がほぼない人の教育を受けて、いい社会人が育つでしょうか。また、役所の教員を指導する部署の人間で、果たして教職経験者がどれだけいるかです。もしほとんどいないとするなら、教育現場を改善できるわけがありません。ひょっとして校長OBを教育長とするような教育委員会を設置しているので問題ないとでも思っているのでしょうか。

 私に言わせれば、そんな組織の委員に払う税金は無駄です。時代は常に変化し続けています。校長OBのご老体がその変化に対応できるかといえば、ほとんどの場合難しいでしょう。民間人を委員に採用していてもだめでしょう。社会人としては優秀でも、教育については素人だからです。

 ではどうすればいいか。まず、役所の担当者は最低10年教壇に立つべきです。また、教員候補者は民間での社会経験を最低10年積むべきです。そして、教員が校長や教育長にビビッて何もできないような状況を改善し、教員と役所担当者が協力して現場を改善していくシステムが必要です。これをやらなければ今後大した社会人は育たず、日本経済は世界に負けていきます。

 かつての私もテストで結果を出せば評価されるというシステムの中にいたわけですが、いざ社会人になったら死ぬほど苦労しました。評価の基準はそのようなものとはかけ離れているかです。社会人として最も重要だと言われるのがコミュニケーション能力ですが、それを養う訓練は学校ではやってくれなかったし、私の場合はそのような能力が必要だということも知らなかったので、自分で養おうとも思わなかったのです。教師側も民間での社会経験がないので教えようがなく、どうしようもがないのが今の日本の教育システムです。

 このような状況ですから、若者に引きこもり、ニート、犯罪者が増え続け、日本は世界に負けていくのです。引きこもり、ニート、犯罪者の幼少期、学生時代を見てください。ほとんどが親や教師から正しい教育を受けそこなっているのです。

 ところで、教員をどのように評価するかということもよく話題になります。海外では指導能力がない教員は首になるような評価制度もあるようですが、そういうシステムは日本には向かないでしょう。そうではなく教員自身が成長でき、やる気が出るような新しいシステムが日本には必要です。そのシステムを作るのが役所担当者の役割なわけです。だから、役所の担当者が教育現場に立って経験を積む必要があるのです。

物理教員のための導出物理の使い方

指導者向け

 導出物理の原稿を作成している当時は、ネットで見る動画授業を作成するつもりでいました。しかしすでに大手が数多くネット授業は手掛けていましたので、販売には難しい状況にありました。そこで考えました。高校の先生が私の教材で授業をしてもらうのが最も効率が良いと。

 しかしまだまだ授業で導出物理を使っている先生は少ないようです。採用いただいている高校でも、自宅学習用の補助教材として使っている場合が多いようです。残念ながらこれでは効果が半減以下です。

 何度も述べているように、演習を多くすることが平均点を上げるための最大の近道です。ですから、導出物理の説明内容をまず生徒に読ませ、板書などはほとんどせず、注意点などを指摘した後、すぐに隣の問題を解かせてください。そして先生はその生徒の解く様子をじっくり観察してください。

 生徒は教師が予想もつかないような勘違い、思い違いをすることがよくわかるでしょう。しっかり理解させたつもりでも、ほとんど理解できていないということも実によくわかります。この観察の蓄積が教師には大事なのです。この蓄積が多くなると、解説の段階で先回りして勘違いしやすい部分や理解しにくい部分を指摘することができるからです。

 定期テストの平均点が30~40点程度の成果しか出せていないというのであれば、その蓄積が全く足りていない証拠です。実際に演習中心の授業をやってみればわかります。授業の内容がいかに伝わっていないか、いかに基礎が定着していないかということが、ものの見事に思い知らされます。もしそういう思いをする機会があったのなら、十分反省して、導出物理を採用いただき、言われたとおりにやってみてください。

 早くそのように改善しなければ、のちのち生徒から恨まれますよ。私がかつての教師や教材の著者、出版社を恨んでいるのと同じように。導出物理はその恨みの集大成なのです。

 

エクセルのマクロで成績管理ソフトを作りました

成績管理ソフト

 学校の先生や予備校、塾向けの画期的な成績管理ソフトを作りました。多くのソフトはエクセルからデータを取り込むという面倒な作業が出てくるのですが、そもそもエクセル自体にプログラム(マクロ)を組み込んでしまえばそんな必要はなくなります。作ったソフトはテストの点数を入力すれば、あとはほぼクリックだけで次のことができます。

・成績表の出力、番号範囲指定による連続印刷

・全体平均点、クラス別平均点,全校ランキング、クラス内ランキングの集計

 成績表は平均点、クラス内平均点、全校ランキング、クラス内ランキング、平均点と得点の棒グラフ、過去の得点、順位の推移など豊富な情報を載せております。

 月額固定費、年会費などは不要で、原本をコピーしてすべての先生が使うことができます。共有設定にもしましたので、当ソフト(エクセルファイル)をサーバーに保存して、複数の先生が同時にアクセスし、点数入力をすることもできます。そうすることで、先生同士のデータのやり取りがなくなり、さらに効率的になります。

 このソフト(エクセルファイル)を採用いただかないと本当に膨大な時間を無駄にします。機能制限付きサンプルファイルがダウンロードできますので、まずはそちらを使ってご検討ください。

成績管理ソフト Excelマクロ使用で簡単・高機能・格安!

理系科目の教師がとるべき方針

指導者向け

 教師に必要な力とは1.演技力,2.計画力,3教材力と申し上げました。理系科目の教師に特に必要なのは計画力と教材力です。

 先日あるニュースを見ました。某自治体の中学での数学の授業では、講義をするの少なくして、問題プリント多く与え、生徒同士で教え合うようにさせていました。つまり、早く練習問題が終わってしまった子は、なかなかできない子のところに行って教えてあげるというものです。そして教師は、全員が分かるまでみんなで協力するよう、ある意味連帯責任を持たせるようにしていました。これによって、その生徒たちの数学の成績は他の自治体よりもよくなったそうです。

 そのような1つの授業計画で大きく変わります。ただし、私に言わせればそんなこと当たり前のことです。民間ではそれに似たようなことはすでにやっています。さすがに民間では生徒同士で教え合うということはないでしょうが、いわゆる自習型の塾というのは多く存在します。生徒はやりたい教材を塾に持っていき、それを塾で自習します。わからなかったときは待機している先生に質問します。やっていることはそれだけです。待機している先生は、生徒が何を勉強しているのかを管理する程度です。これで確実に成果を出しているのです。

 何故そのようなことができるか。そのような自習型の塾はたいがい学校の予習をせず、復習しかしないのです。要するに学校で教えることを塾で教えるのは2度手間という考え方です。ですから講義の必要がないのです。実に合理的です。

 私自身も似ています。私の場合は完全に予習をしてしまいます。何故それができるかといえば、教材で板書すべきことをすべて掲載して、講義の時間を大幅に省けるように工夫しているからです。

 このように授業の計画性と教材の工夫によって、授業効率は大幅に変わります。何度も言いますが、理系科目の場合は特に、演習中心の授業でなければ非効率で、たいして成果はでません。早く多くの先生にそのことに気が付いてほしいです。